ピアポンツーン


 



ピアポンツーンはヨーロッパで豊富な経験と実績から専門設計され生まれました。特殊な素材と組立技術により高品質な桟橋です。特に耐腐性・耐久性に優れヨーロッパ各地で使われております。

【特長】

@デッキ材・・・
南洋材又は人工木を使用し直射日光・雨に強く耐久性に優れております。

Aアルミ枠とフレーム・・・
特殊アルミ合金(A6N01S-T5)を使用しており強固な枠組で耐腐性・耐久性に優れております。

Bフロート・・・
高密度発泡スチロールに特殊ウレタン樹脂をコーティングしたプレミアムドックフロートは水圧に強く貝や海藻も付着しにくい安全で浮力の大きいフロートです。

C組立パーツ・・・
サブポンツーン・パイルガイド・クリートの位置を係留船に合わせて移動することが可能です。組立用ボルト・ナット・タッピングビス等は、ステンレスを使用し耐久性のある桟橋になっております。

D許容波高・・・
80cmで通常のマリーナの基準値である50cmまでに対応しております。

   

熟練された職人さんたちが製作しています。

   

         専用アルミ枠                      人工木

   

大阪  信貴造船所に設置  2.4m×9m、7m L字型

    

     可変式階段           パイルガイド            H鋼ガイド

   

山口県 2m×18m

     

アンカー係留しました。

カタログダウンロード
ピアポンツーン
ピアポンツーンカタログ.pdf (541KB)
PDFファイルのカタログが見れない場合はこちらをダウンロードして下さい。 Get Adobe Readerロゴ